アウトドアガイドの日常

職場である雪山や川での出来事、日々思うことなどを中心に書いていきたいと思います

春夏シーズンの振り返り

結局また一年近くブログサボってしまいました…まぁ、それだけ充実したシーズンだったということで前向きにとらえたいと思います(笑)

 

この春夏シーズンは4月こそ比較的のんびり過ごせましたが、5月~6月はキャニオニングのトレーニングで割と忙しくしてました。f:id:t-ogi-1211:20191109095419j:image

この中でもハイライトはやはり最近恒例の5月の紀伊半島レーニング!
f:id:t-ogi-1211:20191109095105j:image

相変わらず為になりました。

滝もでかいし、ベースキャンプからもほど近いところにでかい滝を抱いた渓谷がわんさかあるのは流石です。

開拓済みではあったとはいえ、新しい沢にも何本か行けたので経験値になりました。

来年は行けるか分からないけど、機会があればまた行きたいな~

 

そして戻ってきてからも新人のトレーニングのテコ入れなどであっという間に夏になってしまった印象…

f:id:t-ogi-1211:20191109101214j:image

ただ、今シーズンは優秀なスタッフが多かったのもあり例年より裏方の業務が多かったですね。

その一環でしたが、会社からの依頼を受けて久しぶりに会社のブログも何本か上げましたよ~

ガイドのリアル解説: キャニオニングの資格

ガイドのリアル解説: 渓谷のグレーディング


資格の記事に関しては大御所からかなり辛口な批評を頂きましたが、そもそも情報が何もないキャニオニングに関して少しでも発信するのが目的だったので注目されたなら結果オーライとしたいと思います。

 

会社のブログは気が向いたらまた書いてみようと思いますのでよかったら読んでみてくださいね~!

 

そして今シーズンは前々からやってみたかった「行ったことない渓谷に行く」もやることができました。

f:id:t-ogi-1211:20191109101442j:image

色々トラブルもありましたが、やはり情報の少ないところへ自分達で調べて行くというのは別次元のものが要求されるのだなと改めて痛感しました。

 

他にも夏の終わりにスイスツアー行ったり、10月に新しい家族が増えたりと色々あった令和元年でしたが、文字数も増えてきたのでその辺りのエピソードはまたの機会に書こうかなと思います。

 

それではまた!


Ogi

カービングターン考察:その②

ドラグとエッジングのイメージに関して

上級者になってカービングがある程度上手になるとドラグ*1が上達の壁になることは割とよく見かけるのですが、今回はそんなドラグを切り口にカービングの際の角付けやエッジングについて考察してみます。

  • ドラグとエッジングのイメージに関して
  •  そもそもドラグってなんで起きるの?
  • ドラグの対処法
    • 幅の太い板(ワイドボード等)に乗る
    • プレートを入れる
    • 滑り方(圧のかけ方)を変える

*1:ターン時に板からはみ出たブーツやバインディングが雪に擦れる現象

続きを読む

話題のOura Ringを買ってみた

以前にDaiGoのチャンネルで紹介されていたOura Ringを買ってみました。

気になる方は国内だとほぼ買えないので本国のサイトからオーダーすることをおすすめします。マージンも取られないしね!

支払いはペイパル使ったクレジットカード決済になります。

(DaiGoが宣伝したからか、オーダーから3か月くらいかかった...)

 

結構ごついですが、意外とスノーボード用グローブをしてても大丈夫!

 

ただ、カロリー計算はちょっとアレかな?って感じです。

1日スノーボード滑って500kcalしか使ってないってことないと思うんですよねw

 

まぁ、これはどちらかと言えば睡眠のモニターとして買ったので、それは機能しているのでよしとします。防水がどこまでか分からないのでキャニオニングで使うのはちょっと怖いな...ということで当分は睡眠のモニターとして使うことになりそうです。

しかしながらこれのおかげで10時過ぎには寝よう!と思えるようになったので、やっぱり見える化は大事だな~と思いましたね。

「ちょっと買ってみるか!」というにはなかなかいい値段しますが、アプリで色々と分かるので買ってみてよかったかなと思います。ただ、基本英語しかないのでちょっと勧めにくい...アプリが日本語でもリリースされたらもっと勧められるのにな~

 

ぁ、ちなみに運動時の心拍や消費カロリーなんかを計りたいのであればスマートウォッチ的なデバイスの方がいいかもしれません。

 

今日のところはそんな感じです。

 

それではまた次回!

Ogi

 

スポンサーリンク