アウトドアガイドの日常

職場である雪山や川での出来事、日々思うことなどを中心に書いていきたいと思います

スノーボートのある人生

早いもので、このブログが放置されてからアッという間に2年が過ぎておりました…

今回はふとFBで投稿しようかと思ったら思いの他文字数が多くなりすぎてしまい、ちょっと流石にアレか?ってなわけで久しぶりにブログでも書いてみるか、と。

 

ともかく、本題。

今回話したくなった理由がこのスノーボードの雑誌、FREERUN。

Freerun(フリーラン) 2018年 11 月号 [雑誌]

Freerun(フリーラン) 2018年 11 月号 [雑誌]

 

ギアカタログなんて見なくなってもう10年くらい経ちましたし、もうスノーボードの雑誌なんてとんとご無沙汰していたのですが、今月号は職場の同僚やらクロス関係者やら、色んな知り合い・顔見知りが出ているようだったのでふと手に取ってみたわけです。

 

今月号は遅咲きのスノーボーダーや華々しいコンペシーンからバックカントリーに入った人、夢を追い続けている人やスノーボード中心の生活からは離れたがシーンにスノーボードを広めようと試行錯誤している人など、色々な人のSnowboard Lifeがテーマ。

 

当たり前だけど、それぞれ色々な人生があり、ドラマがあり、それぞれに悩み続けているんだなと…なんだか元気づけられた雑誌です(実は現時点でまだ読み終わってませんが…)。

自分自身、このブログを最後に書いた後に結婚したり、仕事でも色々あったわけだけども、相変わらず年齢的にも岐路に立っているわけで、『10年後、20年後をどう生きていくか?』みたいなことを考えている時だったのでこの特集はなんだか感慨深く読んでしまいました。

 

人生に正解はないけど、だからといって行き当たりばったりではなく、自分なりに悩んで、考えて、試行錯誤しながら歩んで行きたいな~と改めて思った今日でした。

 

内容も特にないまま800字も書いてしまったけど、今日書きかかったのはこんなところです。

気が向いたらまた更新しようと思います。

Ogi

 

 

スポンサーリンク