アウトドアガイドの日常

職場である雪山や川での出来事、日々思うことなどを中心に書いていきたいと思います

『リラックスした状態』

今週のお題「リラックス」

今週のはてなブログのお題が「リラックス」ということで、プロスポーツ選手としても活動しているなりに思っていることなどを書いてみたいと思います。

リラックスってそもそもどんな感覚?

皆さんにとってリラックスしてる瞬間てどんな感じでしょうか?

  • 家で映画見てるとき?
  • 好きな音楽を聞いているとき?
  • それとも自然の中でリフレッシュしてる時?

それぞれのリラックスタイムがあると思うのですが、自分の場合家にいるとリラックスというよりは「ダラダラ」してしまって、むしろリフレッシュできずに生産性を下げてしまうことが多いので気を付けるようにしてます(笑)

(ダラダラした場合はリフレッシュというより焦燥感が募るイメージ...笑)

 

リラックスとフロー

そんなわけで自分の中ではなるべく『良質なリラックス』を採り入れるようにしたいと思ってるのですが、一番好きなのはやっぱりいわゆる『フロー状態』や『ゾーンの中』で感じる類のリラックスですね。

フロー とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーン、ピークエクスペリエンス、無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。

フロー (心理学) - Wikipediaより

Wikiの説明文だとアニメやマンガの世界の話のように聞こえてしまいますが、おそらく皆さんも好きなことや楽しいことに没頭してしまい、時間の感覚がずれているように感じる(一瞬が長く感じたり、長時間が一瞬に感じたり)ことがあると思うのですが、それは正にフローやゾーンと呼ばれる状態だと思いますし、そういう時って特に意識しなくても体が動いたり、思考が巡ったりしているはずなんですよね。

ちなみに自分が最も顕著に感じたのはアマチュア時代最後のスノーボードクロス全日本選手権の準決勝レースでした。その時は緊張はなく、むしろリラックスした精神状態ですごく視野が広く感じられたのを覚えています。

まぁ、その準決勝で集中力を使い切ってしまって肝心の決勝ではスタートでやらかしてしまい、レースに参加できなかったんですけどね…今となってはいい思い出です(笑)

f:id:t-ogi-1211:20181104162555j:plain

最後の全日本でもらったメダルとビブ

意図的に作り出すリラックス状態

リラックスした状態を意図的に作るっていうのは一般的には難しいものだという風に思われがちだと思うのですが、最近話題になった米軍式睡眠術(実は30年以上前から存在はしていたらしい)では一連の動作の中でリラックス状態を作り出すことによって高確率で「戦場ですら眠れる」らしいです。

詳細に関しては下記サイトに書いてありますのでよかったら読んでみてくださいね!

「2分で眠りに落ちる」米軍式最強睡眠法が公開される! 96%の兵士が成功、10秒間○○をつぶやき…! (2018年9月5日) - エキサイトニュース

ちなみに自分もこれを「なんか寝付けないな〜」って時なんかにやるんですが、大体ステップ1の脱力が終わる頃には寝落ちします(笑)

 

これを知ったのはごくごく最近なので今シーズンの大会ではこれを試合前の脱力にも応用してみようかなと思ってます。力抜きすぎて動けなくならない程度にしておかないとだな…笑

 

睡眠法は本当にオススメなので是非みなさんもお試しあれ!

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた次回!

Ogi

スポンサーリンク