アウトドアガイドの日常

職場である雪山や川での出来事、日々思うことなどを中心に書いていきたいと思います

トンデモトランジット in 北欧~北欧旅行記②

北欧の航空会社がホワイトすぎた話~北欧旅行記①の続き

ここまでのあらすじを整理すると…

  • いきなり2時間のディレイで直行で目的地(ベルゲン)に行く接続便がない!
  • とりあえず首都オスロまで行けばまだ国内線があるはず!
  • オスロ到着もロストバゲッジで詰んだかもしれない←イマココ

とにかく最終便に乗るしかねぇ!

というわけで、走れるでしょ!と思って10分でゲートまで行くことを承諾した我々でしたが、そこで気付いたのです。

 

そう、税関へ来た道が一方通行であることに…

 

しかも改めて通関したら普通にそれだけで7~8分かかって、結局ゲートまでは2分でダッシュする羽目に…

 

モウムリダ…

 

もちろん間に合うはずもなく、半ばあきらめながらもゲートへ向かっていると…

 

なんと、まだ飛行機がゲートに居る!!

というかプロペラ回り始めてるけど待ってるっぽい?!(汗)

しかしこの時点でゲートまではあと50mくらいある…半ば心が折れつつも向かっているとグランドクルーが迎えに来て、名前を聞いてきたので「そうです!乗ります、乗せてください」とこちらが言うと一言

RUN (走れ!)と…

まぁ、頑張って走りましたよね。

「トランジットしくじったのは半分はお前んとこのスタッフの不手際だぞ~」

とか日本語で叫びながら(笑)

なんとか最終便に乗れた…

5分遅れくらいでゲートに着くとCAさんが迎えてくれ、一言

「あら、遅かったわね?」

嫁さんも自分も、もはや走り疲れて言い返す気力もなく、不機嫌になるくらいのことしかできませんでした…もう、オスロ空港と航空会社が嫌いになりましたよ。

そして飛行機はすぐに離陸し、到着予定であった17:00を大幅に過ぎた22時半に当初の目的地であったベルゲン空港へ到着しました。

災難は続く

もう一通り災難は食らっただろうと思っていたのですが、ここで更なるトラブルが発覚。

なんとオスロ空港ではあったはずの嫁さんの荷物までロストバゲッジしていたのです。

しかも嫁さんは防寒着や着替えなど、全て荷物の中に入れ、身軽な状態で行動していたのでロクな防寒着も持っていません…

※当然この時点でもう返す言葉も気力もありません(笑)

 

着いたのが最終便ということで売店なども全て閉まり、人気のないベルゲン空港の荷物係の人に聞いたところ、「翌日の朝一の便でないといずれにせよ荷物は来ない」ということでしたので「明日荷物が届いたらホテルに届けてくれ」と住所を渡して空港を後にしました。

ベルゲン到着

やっとの思いで着いたベルゲン空港からはバスに揺られてホテルに到着。ホテルは旅行代理店のサイトや他の口コミサイトにあった通り、非常に過ごしやすくていいところでした。

f:id:t-ogi-1211:20181107180050j:plain

翌朝の朝食。フルーツ、ヨーグルト、野菜など、日本ではなかなかお高い感じのものもブュッフェ式で食べられます

夜遅くの到着だったにもかかわらずホテルのフロントスタッフも笑顔で対応してくれ、とてもホッとしたのを覚えています。そして疲れていたのもあり、自分は速攻で寝てしまいました。

※そして寝ている間に妻がものすごい勢いで代理店に今回の顛末をメールで報告していたのは翌日起きてから知ることとなりました(笑)

とここまでだと旅行全体が最悪だったようにしか見えないと思うのですが、この後体験したノルウェーの自然のすばらしさとフィールドの懐の深さからまた行ってみたいと思える国になりました。 

 

ノルウェーの魅力は文字数多くなってしまったので次回の記事で!(笑)

 

北欧旅行記③へ続く!

スポンサーリンク